新築のアパートを購入した後の家具について

SITEMAP

不動産

私が一人暮らしをはじめて感じた事。

私は八尾市に住んでいる20代女性です。
もともと一戸建ての実家から離れる気もなく就職してからもしばらくは実家で過ごしていましたが転職を機に一人暮らしを始めました。
金銭面に関してシビアな私は家賃は捨て金のように感じていたので極力安い家に住みたかったのですが自分の理想より一万円ほど高い5万の家賃の家に住んでいます。
でも惜しいなということがあり引っ越して半年くらい経った時に近くの不動産屋で自分の住んでいるマンションで全く間取りが同じ部屋が家賃が五千円ほど安かったのです。
分譲賃貸らしかったのですがすごく惜しい事をしたなと思います。
そして更にショックなことが起こり家の前に一戸建ての建物が建ち全く日光が入らなくなってしまったのです。
住む前のチェックが大事だなと今回の物件で感じました。
まだ引越しの事は何も考えていないですが、次に引越しするときは入念に住みやすいところか調べようと思います。
あとベランダに洗濯機を置くスペースがなく部屋に洗濯機を置くような造りになっているのでその分スペースが狭くなってしまっているのも難点です。
でも玄関はある程度広くて押入れのような物置スペースがあるのでそこは利点だなと思います。
同じ八尾市の友人の家が収納のない家で服など季節ごとに持ち運びしないといけないみたいでそれが面倒だと言っていました。

暮らす間取り

現代人は、大切な地球にやさしい生活をしていくべきだと思う。
そのためには、冷蔵庫はなるべく家の内部に、なるべく温度が低い場所に置きたい。
お風呂は、冬でも暖かい、日の入る場所に置きたい。もちろん、ほどほどの大きさの窓がついた形で。これで、湿気の問題も簡単に解決する。
また、トイレには窓がついていて、いつでも喚起できるのが望ましい。
キッチンの横には窓がほしい。これで、料理をするときには手元が明るく、また料理に臭いも家にこもらない。
窓ガラスはほどほどに厚いか、ペアグラス。
余分な窓はできる限り少なくして、外界からの熱気や冷気の影響をなるべく抑えたい。
賃貸でこのような物件を探したいのだが、なかなかない。
それは、賃貸物件は、たいていの場合、「お金」の問題解決のために建てられているから。
大家さんは、地球の環境も、住む人の心地よさも、そこまで重要視はしない。
むしろ、適当に建てておいてもらったほうが、余分なアレンジにかかる料金を削減できていいようだ。
そして、借りる人々の意識もとても低い。日本には「家は寝に帰るもの」という考えが幅広く浸透しているようだ。だから、少々キッチンやバスルームが合理性に欠けていてもOK。残念なことである。
貸す人、借りる人、建てる人それぞれの意識が、いい具合に変わって、地球環境にやさしい、しいては、本当の意味でお財布にやさしい、人間にやさしい賃貸物件が増えてくることを祈る。


金融機関から資金調達ができない、そのような心配はありません。売掛金の資金化のことなら【ビーピーエー株式会社】経営上で必要な資金を売掛金から資金化してくれるので、一度ご連絡してみてはいかがでしょうか?

New Posts

TOP